男女の薄毛の違い

育毛について手入れを念入りにする前に、自分の薄毛の特徴について知っておきたいものです。女性の場合は、男性の薄毛と比較すると脱毛の程度が軽いので、改善しやすいのが特徴だといえるでしょう。とはいえ、男女ともに年齢を重ねていくごとに頭髪の悩みは増えてきます。男性の場合は、遺伝的な要因が大きいと考えられているようです。

一般的に、頭頂部や額から部分的に薄くなってきますが、いずれも髪の毛が産毛のようになってしまって抜け落ち、髪の毛がなくなったことで頭皮が露出してしまうのが特徴だと言えるでしょう。女性の場合は、遺伝的な要素だけではなく、加齢が原因だったり、パーマや毛染めによって頭皮にダメージを与えてしまったり、ストレスをためていることだったり、ダイエットしているせいだったりと、複合的な要因によって毛髪が細くなってしまい、頭頂部を中心として地肌がうっすらと見えてくるようになる場合が多いようです。

男性は、男性ホルモンの影響が大きいため、一度髪が抜け落ちてしまったら、新しい髪の毛が生えにくくなってしまいますが、女性の薄毛の場合は、メカニズムが異なることにより、男性のように頭皮がつるつるになってしまうことはありません。更年期以降、女性ホルモンが減少したことによって薄毛が起こったりする場合が多いようです。エストロゲンと呼ばれている女性ホルモンには、髪の毛の成長期を持続させる効果があり、このホルモンが減少してしまうと、髪が細くなったり、髪の毛の本数が減ったりするのです。

★管理人特選サイト
男性でも女性でも安心して通えるAGA治療の専門クリニックです >> AGA